株式会社GOLD CAST(ゴールドキャスト)は、広告宣伝を中心とした芸能人、役者、タレント、文化人、アーティスト、スポーツ選手、モデル等のキャスティングをはじめ、出演交渉および契約、オーディションの代行業務などを行うキャスティング会社です。

フォローする

CONTACT

【JRA日本中央競馬会】年間イメージキャラクター・最新CM情報まとめ

JRAのCM情報とイメージキャラクターの起用メリット・コツを解説

【JRA日本中央競馬会】年間イメージキャラクター・最新CM情報まとめ

JRA日本中央競馬会(以下JRA)では、年間単位で企業のイメージキャラクターを起用し、統一性のあるテレビCM・ポスターを展開していくというプロモーション活動が取り入れられています。

2022年度のJRAのイメージキャラクターには長澤まさみさん・見上愛さんの2人が起用され、現在まで様々なテレビCM・ポスターが公開されてきました。

この記事では、JRAの最新CM情報と、イメージキャラクターに起用された歴代のキャストを紹介します。

テレビCMにイメージキャラクターを起用するメリットや選び方のポイントもまとめているので、CM制作をお考えの企業様はぜひ参考にしてみてください。

(※この記事の情報は2022年11月時点のものです。)

JRAの年間イメージキャラクターを紹介

JRAの年間イメージキャラクターを紹介
まずは、2022年度のJRAのCM情報と、過去にJRAのイメージキャラクターに起用されたことのあるタレント・俳優の一覧を見ていきましょう。

2022年のイメージキャラクターは長澤まさみさん・見上愛さん

JRAは2022年度のキャッチコピーとして「HERO IS COMING.」を掲げ、イメージキャラクターに長澤まさみさんと見上愛さん、またイメージ楽曲に安室奈美恵さんの「HERO」を起用しました。

このキャッチコピーには、これまでのJRAを彩ってきたHERO馬たちの記憶と、これから登場する新しいHERO馬たちへの期待が込められています。

競馬業界といえば、2021年にリリースされたソーシャルゲームが大ヒットを記録し、若者世代の競馬ファンを大きく増やすきっかけとなりました。

この動きを一時的なブームで終わらせないためにも、JRAでは若手の俳優・タレントを積極的に採用し、幅広い世代に向けた親しみのあるテレビCMを放送するといった取り組みが行われています。

現在はJRAのブランドCMとして「ファンファーレ編」と「社会活動編」が放送されている他、日本ダービー・ジャパンカップ・マイルCS・エリザベス女王杯といったレースごとのCMも視聴可能です。

歴代のプロモーションキャラクターもチェック

JRAは以前から、年間単位でイメージキャラクターを起用し、シリーズもののような統一性のあるCMを放送するというプロモーション方法を取り入れています。

JRAがテレビCMの放送を開始した1989年以降の起用俳優・タレント一覧は以下の通りです。

1989年 小林薫さん
1990年~1991年 柳葉敏郎さん・賀来千香子さん
1992年~1993年 高倉健さん 他
1994年~1995年 真田広之さん・時任三郎さん・中井貴一さん
1996年~1997年 本木雅弘さん・鶴田真由さん
1998年~1999年 木村拓哉さん
2000年 緒形拳さん・松嶋菜々子さん
2002年 小林薫さん・永瀬正敏さん・妻夫木聡さん
2003年~2004年 明石家さんまさん 他
2005年~2006年 中居正広さん 他
2007年 織田裕二さん
2008年~2010年 佐藤浩市さん・大泉洋さん・小池徹平さん・蒼井優さん 他
2011年 桐谷健太さん・吉高由里子さん・佐藤健さん 他
2015年~2016年 瑛太さん・有村架純さん・笑福亭鶴瓶さん
2017年~2021年 松坂桃李さん・柳楽優弥さん・高畑充希さん・土屋太鳳さん・中川大志さん・葵わかなさん 他

CM制作におけるイメージキャラクター起用のポイント

CM制作におけるイメージキャラクター起用のポイント
続いて、テレビCMへのタレント起用のメリットやキャスティング時のポイントについて詳しく見ていきましょう。

イメージキャラクターを起用するメリット

テレビCMや広告のイメージキャラクターとして俳優・タレントを起用する主なメリットは以下の通りです。

  • 消費者(特に若年層)の印象に残りやすい
  • SNS等での情報拡散によって高い宣伝効果を見込める
  • 企業そのものの好感度アップに繋がる

CMのイメージキャラクターとして俳優・タレントを起用することで、ファンからの支持を集めやすくなります。

また出演者本人がSNSで情報発信を行ったり、ファンがその情報を拡散したりすることで、テレビCMを見ない層にも情報を届けることができます。

その他、商材とイメージキャラクターの親和性が高ければ、企業そのものの好感度アップ等も見込めるでしょう。

イメージキャラクターの選定ポイント

テレビCMにイメージキャラクターを起用する際の選び方のポイントとして、以下の2点が挙げられます。

CM制作の目的・ゴールを明確にする

例えば、新商品の認知や印象づけを行いたい場合と、すでに流通している商品のイメージアップを図りたい場合とでは、起用する目的が大きく異なります。

認知を広げたい場合は誰もが知っているタレントを、イメージを向上したい場合は好感度の高いタレントを起用することで高い宣伝効果を期待できるでしょう。

このように、CMの目的やゴールを明確にし、目的の達成に繋げるためのキャスティングを行うことが大切です。

商品・サービスと起用タレントの親和性を高める

CMにタレントを起用する上で重要となるポイントが、商材イメージとタレントイメージの親和性の高さです。

例えば野球用品のCMにサッカー選手を起用したり、キッズ商品のCMに大御所タレントを起用したりするケースでは、商材とタレントの親和性が低く、キャスティングによる宣伝効果はあまり見込めないと考えられます。

こうした事態を避けるためにも、商材のターゲット層の年齢やライフスタイル等を分析し、視聴者が自身を出演者に投影できるようなキャスティングを行う必要があります。

俳優・タレント起用なら【GOLD CAST】へ

俳優・タレント起用なら【GOLD CAST】へ

CMのイメージキャラクターとしてタレント・俳優の起用をお考えの場合は、キャスティングを専門に行う「キャスティング会社」への依頼がおすすめです。

キャスティング会社とは、テレビCMや雑誌・ポスター・Webサイト等の制作に伴うイメージキャラクターの起用・キャスティングを代行する会社のことで、主に以下のような業務を担当します。

  • 予算・企画趣旨に適したキャストの提案
  • 出演交渉・スケジュール調整
  • 契約締結・肖像管理
  • 撮影やイベント当日の立会い 等

キャスティング会社を利用すれば、契約に関する専門知識を持ったスタッフが各種手配・調整・管理業務を代行するため、企業は広告制作に集中できるといったメリットがあります。

当メディアを運営する「GOLD CAST」は、過去に5,000件以上の豊富なキャスティング実績を持つ信頼のあるキャスティング会社です。

俳優・モデル・お笑い芸人・スポーツ選手・インフルエンサーといった幅広いジャンルに対応しており、実際に以下のようなキャスティングを実現しています。

  • 山崎製パン「中華まん」/芦田愛菜さん
  • アダストリア「GLOBAL WORK ウツクシルエットパンツ」/本田翼さん
  • ビズリーチ「人事以外もビズリーチ」/吉谷彩子さん
  • アドヴァン「ショールーム篇」「ヴェネタクッチーネ篇」/藤木直人さん
  • 大同生命「健康経営アンバサダー」/畠山愛理さん 他多数

またGOLD CASTでは、無料のカウンセリングサービスやオンラインオーディションといった独自のサービスを展開しており、様々なニーズに対応することが可能です。

CM制作やイメージキャラクターの選定でお悩みの企業様は、ぜひ一度GOLD CASTへお問い合わせください。

JRAのCM情報とキャスティングのポイントまとめ

  • JRAは年間単位でイメージキャラクターを起用する方式をとっており、2022年度は長澤まさみさん・見上愛さんが起用された
  • JRAのように、ターゲット層に合わせたキャスティングを行うことで、知名度向上や高い宣伝効果を見込める
  • テレビCMにイメージキャラクターを起用する際は、キャスティング会社の利用がおすすめ

GOLD CASTでは、企画の趣旨や予算に合わせた最適なキャスト提案を行うことが可能です。

最短3分程度で入力できる無料のカウンセリングフォームを設置しているので、CM制作やキャスト選定でお悩みの企業様はぜひご活用ください。

フッターバナー