株式会社GOLD CAST(ゴールドキャスト)は、広告宣伝を中心とした芸能人、役者、タレント、文化人、アーティスト、スポーツ選手、モデル等のキャスティングをはじめ、出演交渉および契約、オーディションの代行業務などを行うキャスティング会社です。

フォローする

CONTACT

自動車関連のCMが人気!イメージキャラクターの重要性と起用方法

自動車メーカーのCMから見るイメージキャラクターの起用メリット

自動車関連のCMが人気!イメージキャラクターの重要性と起用方法

CM総合研究所が公開した2022年9月度のCM好感度ランキングにて、トヨタ自動車の新型「シエンタ」が4位にランクインする等、自動車関連のCMが人気を集めています。

この記事では、2022年10月時点で放送中の自動車CMの概要と、テレビCMにイメージキャラクターを起用するメリット・方法等を解説していきます。

おすすめのキャスティング会社も紹介しているので、CM制作やイメージキャラクターの選定でお悩みの企業様はぜひ参考にしてみてください。

自動車CMがランキング上位に!イメージキャラクターを務めるのは?

自動車CMがランキング上位に!イメージキャラクターを務めるのは
以下は、2022年9月度のCM好感度調査における総合ランキングおよび自動車業界ランキングです。

【総合】

順位 企業名「銘柄名」
1 日清食品「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」
2 ソフトバンク「ワイモバイル」
3 任天堂「スプラトゥーン3」
4 トヨタ自動車「シエンタ」
5 日本マクドナルド「月見ファミリー」
6 サントリー「金麦」
7 サントリー食品インターナショナル「ボス」
8 日清食品「これ絶対うまいやつ!」
9 ユニクロ「UNIQLO」
10 花王「アタックZERO」

【自動車業界】

順位 企業名「銘柄名」
1 トヨタ自動車「シエンタ」
2 日産自動車「サクラ」
3 スズキ自動車「スペーシア」
4 ホンダ自動車「イメージアップ」
5 ENEOS「ENEOSカーリース」
6 ダイハツ自動車「ムーヴ」
7 日産自動車「企業CM」
8 スズキ自動車「ワゴンR」
9 スズキ自動車「ソリオ」
10 スズキ自動車「ハスラー」

まずは、ランキング上位に挙がっている各メーカーのCMの概要とイメージキャラクターについて詳しく見ていきましょう。

トヨタ自動車【新型シエンタ】

トヨタ自動車「シエンタ」のCMが、2022年9月度の好感度ランキングで圏外から総合4位に浮上しました。

自動車メーカーのCMが総合ランキングのトップ10に入るのは20カ月ぶりのことで、トヨタ自動車のCMとしては過去最高位を記録しています。

こちらのCMでは「シエン太」と名付けられた小型犬が車のシエンタに変身し、家族を乗せて走り出すというストーリー展開になっており、「かわいい」「和む」と男女問わず幅広い層から人気を集めています。

好感度に貢献したイメージキャラクターの「シエン太」は、長十桜(ちょうじゅうろう)という名前のポメプー(ポメラニアンとトイプードルのミックス)犬です。

ペットモデルの事務所に所属している立派なタレント犬で、その他にもCMや雑誌等に多数出演しています。

日産自動車【サクラ】

自動車業界のCM好感度ランキングの2位には日産自動車「サクラ」のCMがランクインしました。

CMのイメージキャラクターとして女優の松たか子さんが起用されており、軽EVの「サクラ」で街中を軽やかに走り回る様子が描かれています。

またCMソングには2020年メジャーデビューの「マカロニえんぴつ」が起用され、若者世代からの支持獲得にも繋がっています。

スズキ自動車【新型スペーシア】

自動車業界のCM好感度ランキングの3位にランクインしたのはスズキ自動車「スペーシア」のCMです。

イメージキャラクターには芦田愛菜さんが起用されており、家族で車に乗り込んでお出かけする姿を通して「スペーシア」の利便性や魅力を伝える内容となっています。

芦田愛菜さんは幅広い世代から人気を集める女優の1人で、2022年上半期のCM起用社数ランキング・放送回数ランキングではともに1位を獲得しました。(調査会社:株式会社エム・データ)

自動車CMの好感度を左右する“イメージキャラクター”の重要性

自動車CMの好感度を左右する“イメージキャラクター”の重要性
トヨタ自動車では「シエン太」、日産自動車では松たか子さん、またスズキ自動車では芦田愛菜さんというように、ランキング上位のCMには必ずCMの顔となるイメージキャラクターが存在します。

続いて、テレビCMにイメージキャラクターを起用するメリットと、タレントキャスティングの具体的な流れについて詳しく見ていきましょう。

テレビCMにタレントを起用するメリット

テレビCMにイメージキャラクターを起用するメリットとして、以下のような点が挙げられます。

消費者の印象に残りやすい

松たか子さんや芦田愛菜さんといった好感度の高いタレントを起用したり、老若男女問わず評価を得やすい動物をイメージキャラクターに設定したりすることで、CMの印象を強める効果が期待できます。

「○○さんが出ているCM」「○○さんが宣伝している商品」という形でCMが認知されれば、イメージキャラクターを務めるタレントのファン層から高いCV率を見込める可能性が高まるでしょう。

メディア露出や情報拡散による宣伝効果

知名度の高いタレントをイメージキャラクターに起用することで、メディア露出に伴う宣伝効果を見込めます。

タレントに関する情報の1つとして情報番組やネットニュース等で取り上げられれば、より多くの消費者から認知してもらうことができるためです。

またタレント自身がSNSやブログ等で発信したり、ファンによる情報拡散やコメント投稿が活発化したりすることで顧客層が広がる可能性も高まるでしょう。

企業そのものの好感度に繋がる

商品・サービスのイメージに合うタレントをキャラクターに起用することで、企業そのものの好感度・知名度を高める効果も期待できます。

単に知名度の高いタレントを選ぶのではなく、商品・サービスのターゲット層から支持されているタレントを選ぶことが重要です。

なお、起用したタレントが不祥事を起こした場合は企業側のイメージにも影響が及ぶため、イメージキャラクターを起用する際は過去にトラブルがないかどうかといった点も調査するようにしましょう。

タレントを起用する方法・流れ

CMのイメージキャラクターとしてタレントを起用する場合は、キャスティング会社の利用がおすすめです。

キャスティング会社を利用することで、出演交渉や契約業務、当日の進行サポート等を一任できるため、キャスティングにかかる業務負担の大幅な軽減が可能となります。

キャスティング会社を利用した場合のタレント起用の流れは以下の通りです。

出演者の選定 企画の趣旨や予算等をまとめて、キャスティング会社の問い合わせフォームに送ります。キャスティング会社から候補の提案を受けるので、イメージキャラクターに合うタレントを絞り込んでいきましょう。
出演交渉 キャスティング会社を通じて芸能事務所へ出演オファーを行います。
スケジュール調整 ・契約出演タレントが決まったら、契約期間や出演料といった細かい内容を取り決めます。キャスティング会社なら肖像権等の法的な部分に対しても適切な処理が可能です。
CM撮影当日 撮影当日はキャスティング会社のスタッフも現場に立ち合い、進行のサポート等を行います。

タレントキャスティングなら【GOLD CAST】にお任せください

タレントキャスティングなら【GOLD CAST】にお任せください
GOLD CASTは5,000件以上の豊富なキャスティング実績を持つキャスティング会社です。

多くの芸能事務所とのコネクションがあり、俳優・モデル・お笑い芸人・スポーツ選手・インフルエンサーといった幅広いジャンルのキャスティングに対応しています。

以下は、GOLD CASTのキャスティング実績の一例です。

  • 山崎製パン「中華まん」/芦田愛菜さん
  • アダストリア「GLOBAL WORK ウツクシルエットパンツ」/本田翼さん
  • ビズリーチ「人事以外もビズリーチ」/吉谷彩子さん
  • アドヴァン「ショールーム篇」「ヴェネタクッチーネ篇」/藤木直人さん
  • 大同生命「健康経営アンバサダー」/畠山愛理さん 他多数

GOLD CASTでは、好感度調査等に基づく最適なキャスティング提案を行っています。

無料のカウンセリングサービスやオンラインオーディションといった独自のサービスも展開しており、様々なニーズに対応することが可能です。

CM制作やイメージキャラクターの選定でお悩みの企業様は、ぜひ一度GOLD CASTまでご相談ください。

記事まとめ

記事まとめ

  • トヨタ自動車や日産自動車をはじめ、自動車関連のテレビCMが好感度ランキングで順位を伸ばしている
  • ランキング上位のCMはいずれも商材の“顔”となるタレントやキャラクターが起用されている
  • イメージキャラクターを起用することで、ファン層からのCVや認知度向上といった効果が期待できる

商材と起用タレントのイメージが合致すれば、CMによる高い宣伝効果を見込むことができるでしょう。

GOLD CASTでは、イメージキャラクターの要件や予算に合わせた最適なキャストの提案が可能です。

最短3分で無料相談のカルテ作成を行えるので、キャスティングに関する悩みをお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

フッターバナー