株式会社GOLD CAST(ゴールドキャスト)は、広告宣伝を中心とした芸能人、役者、タレント、文化人、アーティスト、スポーツ選手、モデル等のキャスティングをはじめ、出演交渉および契約、オーディションの代行業務などを行うキャスティング会社です。

フォローする

CONTACT

映画のキャスティング方法とは?オーディションの流れとキャストの重要性

映画のキャスティング方法、オーディションの流れとキャストについて解説

映画を制作するには、シナリオ構成や撮影現場の準備といった様々な業務が発生します。

中でも出演俳優を決めるキャスティングの業務は、映画の出来栄えをも左右する大切な工程の1つと言えるでしょう。

テレビドラマと比較して尺の短い映画では、主演俳優はもちろん、脇役やエキストラの配役も気を抜けません。

ここでは、映画におけるキャスティングの重要性や実際の決め方、またキャスティングを専門とする代行会社の存在についてまとめています。

映画の出演を目指している方や、サブキャストの決め方でお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

映画のキャスティング方法を解説

映画のキャスティング方法を解説
そもそもキャスティングとは、映画やドラマなどの役を俳優へ割り当てることをいいます。

まずは、映画作品をヒットさせるうえでキャスティングがどのような意味を持つのか、また実際のキャスティング方法について詳しく見ていきましょう。

映画作品におけるキャスティングの重要性とは

映画やドラマを制作する際、必ず発生するのがキャスティングという工程です。
実写映画であれば俳優、アニメや3D映画であれば声優または俳優がキャスティングされます。

映画はテレビドラマと比べて尺が短く、限られた時間の中で物語を完結させなければいけません。そのためより分かりやすく、一瞬でお客さん惹きつけるような演出が求められるのです。

また演出の効果を最大限に高めるには、映画の雰囲気と役者のイメージがぴったり重なる必要があります。

有名な監督・演出家を集めても、キャストがしっくりこなければ良い作品は生まれないでしょう。

「演出の9割はキャスティングで決まる」と言われるように、映画においてキャスティングは非常に重要な意味を持っているのです。

映画の出演キャストが決まるまでの流れ

映画の場合、まずは監督やプロデューサーによってテーマやストーリーなどの企画が組まれます。監督は映画制作のリーダーとして、キャストのイメージ出しやスタッフへの指示を行います。

プロデューサーは制作した映画がヒットするように、様々な方面からプロデュースを行うのが仕事です。

映画のテーマが決まったら脚本を作成し、イメージに合う俳優へ出演オファーを行います。主役級のキャストは指名となることが多いですが、サブキャストやエキストラはオーディションで決まる場合がほとんど。

またキャスティングと合わせて映画制作が完了するまでのスケジュール設定や予算管理も必要です。キャスト選定が完了したら実際の撮影・編集を行い、最後に上映となります。

監督やスポンサーの意向で配役される場合も

映画のキャスティングを行う際は、キャスティングディレクターと呼ばれるスタッフが業務を担当することが一般的です。

キャスティングディレクターは監督やプロデューサーの意向をくみ取り、イメージに合う俳優のリストアップや交渉などを担当します。

一方で、以下のような方法でメインキャストが決められることも。

  • 主役も含め全てオーディションで決める
  • 監督・プロデューサーによる指名
  • 原作者による指名
  • スポンサー・関係者の意向 など

この他、メインキャストを務める俳優と同じ事務所に所属する新人をサブキャストに組み込んでもらうといった方法もあります。(バーター出演)

またサブキャスト以下の出演者はオーディションで決まることが多いため、映画出演を目指す方はオーディションの応募から始めると良いでしょう。

サブキャストは代行会社の利用がおすすめ

サブキャストは代行会社の利用がおすすめ
映画を制作するうえでキャスティングは非常に重要ですが、限られたスケジュールの中でキャスティング業務にばかり時間をとることはできません。

キャスティングがうまく進まない場合や、キャスティングディレクターを配置しない場合はキャスティング会社の利用がおすすめです。

続いて、キャスティング会社の仕事内容とメリットについて解説していきます。

キャスティング会社の仕事内容

キャスティング会社とは、映画やドラマ、テレビCMといった様々な媒体に出演するキャストの選定を代行する会社のことです。

キャストの提案から出演交渉、契約手続きや当日の撮影サポートなど様々な業務に対応しています。

またサブキャストやエキストラのオーディション開催を代行している会社もあります。

キャスティング会社へ依頼するメリット

映画のキャスト選定をキャスティング会社へ依頼するメリットとしては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 複数の芸能事務所からキャスト提案ができる
  • 制作サイドの負担を軽減できる
  • オーディション開催のコストを抑えられる

キャスティング会社ならオファーから当日のサポートまで一連の業務を一括で依頼できます。

そのため制作サイドは脚本や演出に集中することができ、効率的に制作を進めていくことが可能です。

また出演交渉の経験や契約の知識を豊富にもつスタッフが対応するため、大きなトラブルを避けることにもつながるでしょう。

株式会社GOLD CASTの特徴

株式会社GOLD CASTの特徴
サブキャストのキャスティングなら「GOLD CAST」への依頼がおすすめです。
最後に、GOLD CASTの強みについて詳しく見ていきましょう。

豊富な知識と経験でイメージ通りのキャスティングを実現

GOLD CASTは5,000件を超える豊富なキャスティング実績をもつキャスティング会社です。
俳優をはじめ、アイドルやスポーツ選手、お笑い芸人など幅広いジャンルのキャスティングが実現可能です。

また映画のイメージや予算を伺ったうえでキャストの提案を行う「キャスティングカウンセリング」も実施。

カウンセリングは無料ですので、ぜひ一度お問い合わせください。

オンラインオーディションで効率的なキャスト選定が可能

GOLD CASTでは、ネット上で動画によるオーディションを行う「オンラインオーディション」の仕組みを導入しています。

会場準備や移動コストを削減することで、低予算でのオーディション開催が可能となりました。

従来のオーディションと比較して募集や応募のハードルが低いため、映画出演を目指すチャンスの場としてもおすすめです。

映画のキャスティング方法まとめ

  • キャスティングは映画の完成度を左右する重要なポイント
  • メインキャストは監督やプロデューサーの意向で指名される場合も
  • サブキャストやエキストラのオーディションは代行会社への依頼が便利

映画作品をヒットへつなげるには、いかに作品と俳優のイメージをマッチさせられるかがカギを握ります。

サブキャストの配役にお悩みの方は、ぜひ豊富な実績をもつGOLD CASTへご相談ください。